尼崎重機株式会社

建設機械の総合ソリューションカンパニー

社長あいさつ

president.jpg

尼崎重機株式会社
代表取締役社長  山本 新太郎

 尼崎重機は建設機械のサービス・メンテナンスの担い手として「お客さんの機械を止めたらアカン!」を合い言葉に50年。その間に尼崎重機は自社製品をつくる、ものづくり企業としての一面を持つようになりました。
 サービス業者としての「お客さんの機械を止めない」という心構えは、ものづくり企業としての「お客様が安心して使ってもらえる機械をつくる、サービスする」という信念として定着してまいりました。
 尼崎重機には同じ「つくる」にも「他と同じモノは作らんとこう」という「創(つ)造(く)る」という精神がDNAとして組み込まれており、信頼できる独創的な製品を、顧客目線で創造るという事につなげております。
 平成24年、創業50年を機に経営理念を定めました。我々の行動基準としてこれからも尼崎重機は使ってもらうお客様に「安全に」「効率的に」「利益を上げられる」製品とサービスを創造り続けます。

経営理念

経営理念

 尼崎重機は人を幸せにする技術を創造し、社会に貢献する。

三信条

 経営理念を全うするため守るべきものを三信条とする。

  1.  誠  意
    •  誠意とは感謝のこころである。
    •  会社の内外変わらずにいつも誠意を持って対応する事
  2.  創  造
    •  創造とは無から有へ、既成概念から奇抜へ考え抜くこと。
    •  創造の踏み出す第一歩は顧客第一主義からである。
  3.  挑  戦
    •  挑戦とは行動である。
    •  行動とは熟慮の上、失敗を恐れず一歩踏み出すことである。

行動方針

 腫れものと、特色のない中小企業は大きくなったら必ずつぶれる。
 山椒は小粒でピリリと辛い。

  1.  世界に通用する技術・サービスを持とう!
  2.  他にあるものと同じモノは作らんとこう。
  3.  常に顧客目線から創造しよう。
  4.  明るく楽しい会社を創ろう。